ホーム > 法人向けカーリース > リースのメリット

法人向けカーリースのご案内

法人向けカーリースのメリット

多額な一時払いの負がありません

リースなら、購入による一時的な負担がなく、月々一定のリース料で済むため、資金を有効にご活用いただけます。

【リース代の計算方法】
(車両価格+付属品等価格)-値引+登録諸費用+重量税+自動車税+自賠責保険+金利(+メンテナンス費用)(+その他契約費用)(+自動車保険)-残価 =リース料月額
リース期間(月)

※メンテナンス費用、その他費用、自動車保険を含めるかどうかは任意です。
※リース料は、ご契約のリース期間、車種、契約内容、その他条件により異なります。
※値引きは、車種により異なります。
※残価は、車種、契約内容、その他条件により異なります。

【 比較:購入する場合 】

都度払いの諸費用は、リースと同期間使用した場合の自動車税、自賠責保険等を示します。

比較:購入する場合
【 比較:リースの場合 】

リースには、期間中の自動車税、車検時の自賠責保険と重量税を含みます。

比較:リースの場合
【リース料の内訳】(小型貨物車 5年リースの場合です)

リース料には登録時の諸費用をはじめとする下記の費用・税金等が含まれています。

【リース料の内訳】(小型貨物車 5年リースの場合です)

※○印はリース料に含まれます。△印はリース料に含めるかどうか、任意でご選択が可能です。
※△印(任意保険料、車検費用、整備費用)をリースに含めると、一時的な費用が少なくなり、大変便利です。
 車検費用、整備費用を含めたリース契約を、メンテナンスリース契約といいます。
 詳しくは、弊社までお問い合わせください。

借入枠を有効に活用できます

リースで自動車を調達すれば、金融機関からの借入枠を運転資金などに効率よく活用できます。

車両管理事務の大幅な削減ができます

車両管理にかかわる事務処理は、主にリース会社が行うため、事務処理が削減できます。
※事務処理の削減量はご契約内容や従事の事務処理内容等により異なります。

車両コストが明確になります

自動車の維持管理には、さまざまな費用が発生するため、車両コストを正確に把握するのは困難ですが、リースなら車両維持にかかる様々な費用を一本化できるため、1台当たりのコストが明確になります。

軽自動車から大型車、建設機械まで、幅広いニーズにお応えします

国内外を問わず、さまざまな車種、建機をリースできます。

さまざまな架装の要望にもお応えします。

多数の工作車の実績がある当社なら、幅広い架装に対応でき、全ての架装を終えてから納車できるため、リース料に含めることが出来ます。
※架装内容によっては、納車までにお時間をいただいたり、納車後に行う場合もあります。

法人のお客様向けメニュー

サービス・サポートメニュー

  • 天然ガス自動車とは? 環境にやさしい天然ガス自動車をリースを使用しています。
  • リース契約者様専用車両管理システムCYVIES 企業の車両管理業務を総合的にサポート!
  • 2泊3日の安心車検のお問合わせ