健康経営への取り組み

健康経営宣言

大阪ガスオートサービスは、従業員一人ひとりが心身ともに健康で、それぞれの能力と個性、
自主性を存分に発揮することが、お客さまのご期待にお応えできるサービスを
提供し続けて行く上で最も重要だと考えています。
当社の経営理念でもあります「人と地球にやさしく、車に関するお客さまのあらゆるご要望に対
し、心のこもった最高のサービスを提供しつづけることにより、お客さまの夢を実現する」
ためにも、従業員の健康保持と増進に、「一丸力」を発揮し取り組んでいくことを宣言いたします。

組織体制

経営トップが「総括責任者」となり、健康経営を牽引するとともに、「健康経営責任者」である総務・企画部長の下、総務・企画部 総務・人事グループが実施主体となり大阪瓦斯健康保険組合、大阪ガス健康開発センター、産業医と連携を取りながら、従業員の健康づくりを推進していきます。
 また、健康経営に向けた取り組みは、安全衛生委員会や衛生管理者、労働者代表とも共有しています。

総括責任者(代表取締役社長)健康経営責任者(総務・企画部長)健康施策実施主体 推進・共有 安全衛生委員会 衛生管理者 労働者代表 連携 大阪瓦斯健康保険組合 大阪ガス健康開発センター 連携

具体的な取り組み内容

  1. 1.従業員の健康管理、健康保持・増進への取り組み
    1. 1 ワークライフバランス:長時間労働の抑制と有給休暇取得の促進
    2. 2 メンタルヘルス対策:ストレスチェックや教育の実施、資格取得の推進
    3. 3 禁煙対策:喫煙者に対する禁煙フォロー、就業時間内禁煙の検討
  2. 2.従業員が、心身ともに安心して働くことのできる職場環境作りへの取り組み
    1. 1 職場環境整備:感染症対策の徹底、フリーアドレスによる交流の促進
    2. 2 スポーツや文化活動支援:社内部活動の活動補助
    3. 3 運動習慣の向上:健康アプリ(kencom)の活用による「歩活」の推進
  3. 3.従業員の自覚による健康管理
    1. 1 健康診断受診の徹底:健康診断受診率100%の継続
    2. 2 安心安全運転の徹底:コメンタリー運転による交通災害ゼロの継続

2022年3月
大阪ガスオートサービス株式会社
代表取締役社長 湯川素哉